今朝見た夢

知人が、卒業したはずの中学の弁論大会に乱入し、それでも受賞はできなかった(4位か5位)という設定の夢だった。
乱入の場面は直接描写されていた訳ではなく、乱入があったことを前提として、別のよく分からない感じの話が進行していた。よく分からない感じなので、覚えているのは別の知人も登場していたことくらい。
夢の中では、私は、乱入の設定をあたかも事実であるかのように受け入れていた。
目が覚めてようやく、それはおかしいし、そのような事実はないと気づいた。