「永遠の0」を買って読んでいる途中、という話

「永遠の0」の映画を見に行ったが、原作は未読であったので原作を文庫本で買ってきて読んでいるところです。

永遠の0 (講談社文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

  • 原作は司法浪人の姉の成長物語、恋物語でもあるんだね。
  • 映画では司法浪人の同級生に言わせていた「特攻は〜」の台詞だが、原作では新聞記者に当時の証言者の前で言わせて、即反論を受け消化されている。
  • 前回「一理あるような気がしてしまう」といった同級生の台詞と司法浪人が泣き崩れるシーンは原作にはないようだ。