読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私とはてなとの出会い(うろ覚え)

memo

どうぞあなたとはてなの出会いをぜひブログにお書きください!

うごメモはてなで作者登録&ケータイで動画ウォッチを楽しもう! - はてなメールマガジン『週刊はてな』 - 機能変更、お知らせなど

とりあえず、「私とはてなとの出会い」について、覚えていて差し障りのない範囲で書いてみることにする。

はてな

最初にはてなを何で知ったのかは実のところよく覚えていない。雑誌で紹介されていたような気がする。その後、紆余曲折があって「検索エンジンを使いこなそう」ということになった。その時に「そういえば人力検索というのがあったな」と思いだし、はてなにたどり着いた。
人力検索サイトはてなを使ってみて、よい回答をするのは難しいのだなと思い知らされた。
「ホームページの更新チェックをしてくれるのは便利だなあ」とはてなアンテナも使い始める。

はてなダイアリー

数年後のある日、友人から「はてなダイアリーで日記書こうよ」と勧められた。
その友人の勧めによるのかどうかはわからないが、その頃、私の周りではてなダイアリーを使い始めた友人が他にもいた。それでも、私は、はてなダイアリーの利用開始の画面が見られなくなるのがもったいなく感じられて、利用をためらっていた。
ところが、そんなにたたないうちに間違えてボタンを押してしまい、それがきっかけで「まあ使ってみるか」という気になって、試しに使い始めていたMovable Typeからデータをインポートして不定期でダイアリーを書き始めた。
はてなのサービスを本格的に使い始めたのはこのあたりからだと思う。