よく分からない

学校の教室らしきところ。
夢に出てきたのは以前あこがれていた女の子だった。夢の記憶が薄れてきたので何ともいえないが、ただ、夢の中で出てきた彼女は毒気付いていた*1
その後、私はどういった訳かエアガンでガラスに向けて発砲する。3〜4枚のガラスにひびが入った。「プラスチックの玉でこんなにもすごい威力があるのか」
少し飛んでコンビニ。コンビニのすぐ横にある地方銀行のATMには「諸般の事情により休止」の張り紙。コンビニも心なしか寂しげ。

*1:「こんな子じゃなかったのに」という印象だけは残っている