asahi.comの記事(元はAERAの記事)

子持ちが得な職場 みーんな出産の芸能界に学んでみると
「ママになっても独身に戻る」として、家庭的イメージを出さずにドラマ復帰した2人の例を挙げていながら、最後のほうで家庭的イメージの欠如を人気失速の原因とした分析を取り上げる構成は真意を測りかねました。
ただ、ほかの業界から比べると芸能界は出産におおらか*1で、ほかの業界ももっと出産におおらかになればいいのにという筆者の主張は伝わった気がします。「結子も菜々子もお母さん」、か…。

芸能界の出産年齢は早くなってきているのかもしれない


記事末尾の年表を元にグラフを作成。第一子の出産年齢と自身の誕生年をプロット。

文中にあがっていながら年表になかったはなまるマーケットのレギュラー2名を追加。
標本が少ないとはいえ出産が早くなる傾向はあったようです。もっとも、これ以上早くなるとは思えませんが*2

全国平均

http://www2.pref.akita.jp/kosodate/syousika/d_08.htm
芸能界とは逆の傾向か。もっとも、芸能界のグラフの標本が少ないので何ともいいがたい。

*1:報道によって芸能界が出産におおらかであるように見せることで、出生率の低下に歯止めをかけようとしているのかもしれませんが

*2:2000年生まれの人は生まれる前に出産している計算になってしまう