色々面倒だし技術力ないのでしないけれども

  1. 女優さんたちの中には「YさんとNさんはよく似ている」といった評判を得ている人が複数いる*1
  2. 「AさんとBさんはよく似ている、BさんとCさんはよく似ている、でもAさんとCさんはぜんぜん似てない」といった評価もある。
  3. 女優さんたちの写真(どの女優さんかはしっかり特定できているもの)をたくさん集めてくる
  4. 写真と女優さんの名前を関連づけしておく。
  5. Yの写真を見せた場合、Yと思う人もいればNだと思う人も「誰これ?」と思う人も出てくる。
  6. Nの写真を見せた場合も、Nと思う人もいれば、Yと誤認する人も「誰これ?」と思う人も出てくる。Yの写真を見せた場合と同様である。
  7. そこで女優さんの写真を表示させて「私の名前、分かる?」とか聞いてみる。"WEB 2.0 or NOT?"「あたしを見てよ!」が評価をやってるように。
  8. ユーザーが答えるとすぐに答え合わせ。「Yよ。よくわかったわね」「YじゃなくてNなんだけど…」今までに答えたユーザーの正答率などが出てくる。と共に次の問題が。以後ユーザーが飽きるまでどんどんやらせる。ここも"WEB 2.0 or NOT?"「あたしを見てよ!」みたいな感じか。

データが集まれば集まるほど、実際のYと人々の中での女優Y像とのずれを雰囲気でつかむとか、女優Yの女優N的要素がどれくらいの割合か、あるいは女優Nっぽい女優のリストとか出力できそうだ。
それに、何も顔が似ているだけじゃなくていい。出てるドラマとか役回りとかで似てるというのでもいいかもしれない。ただ、

  • 技術力がないので実装できない
  • おもしろいと思っているのは自分だけかも
  • どうも二番煎じのような気が…
  • 実装できたところで肖像権侵害で訴えられる可能性がある。
  • そうじゃなかったとしても比較されるYさん、Nさんの双方を不快にしてしまう可能性が非常に高い。

そして

  • これ以上に重要で、しなければならないことを何か放置している気がする

*1:ここではあえて例示しない