小学校卒業時のカセットテープ〜過去からのメッセージ〜

注意

このエントリーは予告なく削除される可能性があります。

卒業時にメッセージを吹き込んだカセットテープ

小学校の卒業時、私たちはカセットテープにメッセージを吹き込んだ。
具体的な記述はさける。

たいていのクラスメート

  • 「目標達成していて当たり前」、な「自分の満足感を問う」コメント

達成してるんだろうか。

自分

  • 目標がやたら高かった。
  • そのくせ未来へのメッセージは目標未達成時のことをかんがえてか、達成している自分に「自分の満足感を問う」ものではない。

クラスメート(男子)

  • 目標がそれなりに高かった。
  • これからの時代の混迷について警告。
  • リストラについて警告。
  • 人の和の大切さを説く。

クラスメート(女子)

  • 目標がそれなりに高かった。自分の特技というか好きなことを職業にする。
  • もしも夢を達成できてなかったらもっと努力して夢を達成できるようにがんばれ

気になること

彼らは

  • 教師もののドラマをみてどんな感想を抱く(抱いた)のか。
    • 特に「女王の教室」をみてどんな感想を抱く(抱いた)のか。
  • テープはまだ持っているのか。
    • 僕はパソコンにコピーしたが、ちょっとのびているような気がする。
  • テープを聴いて何を思うのか。
  • 今の僕に何を思うのか。
  • 再会できるだろうか。
    • ほぼ音信不通だってば
  • 会話は弾むだろうか。
  • 結婚している人はいるのだろうか。
    • 「同窓会で再会して交際スタート、そして結婚」なんてのはなさそう。