友人から勧められた新聞記事を求めて

午前1時頃目が覚めると友人から「朝日新聞をもし取っているなら一昨日くらいのオピニオンの欄 『若い世代へ』の高村薫の文章は明快かつ分かりやすく選挙のことが書いてあったので読んでみると良い」という内容のメールが届く。読んでみたいと思った。しかし購読もしておらず全文記事検索なども契約していない。そのため図書館に頼ることに決める。
ところが大学の図書館はどうやら開かないらしい。従って公立の図書館に行くことにした。
朝になってから、自転車をこいで市街地に出ようと試みるも、ろくに道を調べていなかったこと、自転車をこぐ気力が失せたことから挫折。
その後、近くの公立図書館に向かって方向転換。
まず検索端末を使ってみる。全文記事検索のデータベースが使えるわけではなさそうだということが分かる。
新聞を読むことに。係の人に聞くと、棚の中にバックナンバーが入っているという。9月6日号朝刊だと思って探したが、見つからなかった。
7日号を読んでみようと改めて棚を探すと、朝刊がない。誰かが読んでいるのかと思い、仕方なく他の雑誌などに目を通す。「DIME」・「論座」・「ダカーポ」・「正論」など。
その後改めて係員に問い合わせるも、結局「他の方が読まれているのでしょう」ということで、見つからなかった。3~4時間程度滞在。他の本に目を通せたので良かった、とごまかして帰る。