かごしま共通乗車カード"Rapica"

かごしま共通乗車カード"Rapica"を買ってみました。カードの発行者によって柄が少し異なるようです。私の買ったRapicaは南国交通株式会社の発行で、カードの表には南国交通のバスが書かれていました。



見たところJR九州バスいわさきグループのホームページには、ラピカに関する情報は無さそうです。



ポイントがつくので、今までの回数券や、SuicaIcoca以上にお得感はあります(そうでもしないと、利用者にとっては意味のない制度改悪になりそう)。
そのかわり、Suicaなどとの相互乗り入れはなさそう。相互乗り入れしても仕方がない気もしますが、互換性のない非接触ICカードが増えすぎると接触時の反応が悪くなり非接触の利点が損なわれるかもしれません。カードは乗る前に財布などから取り出して、手で持ってふれるのが良いかもしれません(紛失にはご注意を)。


気になるのは、

いわさきコーポレーション・林田バスでもご利用できますが、サービス内容が一部異なりますのでご注意ください。

との注意書き。いわさきのカードだとポイントの付き方が異なるみたいです。どう違うのかはよく分かりません。どうせならそこも統一して欲しかった。


また、まれにバスで系統表示が間違っている光景が見受けられますが、Rapicaだとそれが今まで以上に料金の徴収に影響しそう。そこは是非気をつけていただきたいなと思います。


それから、市電や市バスの定期券はRapicaになるみたいですが、敬老パスのICカード化はどうやら見送りみたいです(ICカード化で時々やっていた敬老パスの動向調査も不要になるのかなと思ったのですが)。